ちりばめたプリズム

瞬くたび光るように □♡▽○@mentsuyu_chan の頭の中

最近の喪女の独り言

オタクごとを書きたいけど最近喪女に起こったことを書くよ。残しておきたいからね。

 

 

職場に好きな人がいた。喪女である私より少し年上で好きになったのはいつだったか覚えてないけど、かなりの期間好きだった。今年の春すぎにその人がいる部署に私が異動した。

その人は誰にでも優しくて、困った時助けてくれて、喪女とも話してくれる人で、喪女が好きになるのに時間はかからなかったように思う。そしてなにより顔が好きだった。

余談だが高校生の時好きだった男の子のインスタをたまたま見つけてみてみたらその人と男の子の顔の系統が同じでちょっと笑ってしまった。

 

 

ただその人は同じ会社の先輩と噂になっていた。否定こそしていたが実際そうだったのだろう。それでも本人が否定するから真相も分からず、ずっと好きだった。

好きの気持ちは1人で抱えきれずネットの海に流し、信頼できる友人に話した。

そしてその友人の1人が同じ職場で別の部署で働く喪女の同期だった。彼女は学生時代からの友人で親友とも呼べる存在にまでなっていた。喪女と比べるには失礼すぎるほどに可愛く、愛嬌のある子だった。

何かある…というかこんなことがあってね、と話すたびウンウンと聞いてくれていた。まあ喪女とその人は【話す】以上何も無かった。社外で会ったりとかも無くただの先輩と後輩だった。まあ向こうは親友とか言っていたようだが。

 

 

さて。

ある日親友である彼女から【話がある】と連絡がきた。なんとなく、予想がついた。喪女の予想は【その人と付き合うことにした】。こういう時の予想って大体当たる。まあ、正しくは【告白された】だったが。

あーはい。はい。なるほどね。やっぱりね。

【喪女がその人を好きなの知ってるけど私も気になってるからどうしていいかわからない。これで付き合うことにして喪女と仲良くできなくなったら嫌だ】

要約すればこのような内容のLINEだった。繰り返し読んで泣いた。告白の件…はまあそうなのかもしれないけどそうじゃなく。すごく腹が立って泣いてしまった。

・喪女の気持ちを理由に悩んでること

・友情が破綻すると思っていること

何年の付き合いだよ、こっちはそんなことどうだって良くて、それくらいで終わるような付き合いをしてきたつもりはない。

まあ彼女は気まずいだろうけど。

 

自分の気持ちに従えば、という旨のLINEを返したからきっと付き合うのだろう。そのLINE以来彼女と顔を合わせていないから分からないが。

 

まあその人とは部署が同じな為顔を合わせた。

何も言ってこない、けど私は知っている。私が知っていることを知っているのかはわからない。

本当泣きそうになった。その手で彼女の手を引き抱くのだろうとか、その声で名前を呼び恋人しか聞けないことを言うのだろうとか、あの車で遠出したりするのだろうとか、いずれは結婚なんてこともあり得るのではないだろうかとか、喪女がその人としたかったことを彼女はこれからするのだと考えたら結構キツかった。

 

彼女も、今まで「これ美味しかったから今度一緒に行こう」とか「これ喪女好きだと思って」とか言ってくれていたが対象がその人に代わるのだろうなぁまあ喪女は変わらず彼女なのだけれど、と考えたら寂しかった。

喪女には彼女しか、彼女には喪女しか…は言い過ぎにしても1番はお互いだったと思う。

 やっぱり友情は破綻するのだろうか。破綻はしないにしても優先順位は代わるだろう。それは誰が相手でも同じか。

 

 

まあグダグダ書いたが喪女の中で落ち着いた結論としては、【好きな人と好きな人が幸せならそれでいいや】だ。

彼女に悪気がないからこの表現は語弊があるが【親友に好きな人をとられた】という事実は堪えた。相手が親友なのが本当に堪えた。でも親友だったからこそまあ良いかなと思えた。だって私の親友だぞ。良い子に決まってるだろ。私が保証する。だから幸せになってもらわなきゃ困るし、彼女を泣かせるようなことがあったらぶん殴ると決めてる。付き合うことにしたとその人から言われたら多分、言うと思う。

 

それに人の気持ちなんてどうしようもない。

喪女がその人を好きなのもその人が彼女を好きなのも彼女がその人を気になったのも、他人はどうこう言えないし感情を捻じ曲げることなんてできないし、誰も悪くない。まあ悪いとしたら喪女だけだ。

彼女は喪女がその人を好きだと知っていたから悩ませて、困らせてしまったのは本当に申し訳なかった。

その人にもちょっとだけ好き好きアピールをしていたから気づいていたら困っていたと思う。

本当にごめんね。好きになってごめんなさい。もう好きじゃなくなるから、安心してね。

私は2人の結婚式でテゴマスのはなむけを歌いたいと思ってるよ。

 

 

 

 

 

 

なんて言うと思ったか!ほんとは2人でいるとこなんて見れないしぶっ倒れるわ!ほんとはめちゃくちゃ悔しいし絶対彼女よりいい女になってその人よりいい男見つけるわ!だから見とけよまじで!